トップメッセージ

トヨタファイナンシャルサービス株式会社 取締役社長
トヨタファイナンシャルサービス株式会社
取締役社長 頃末 広義

日頃より当社グループの活動に対し、ご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は2000年の設立以来、「トヨタのお客様を中心に健全な金融サービスを提供し、豊かな生活に貢献する」をグループのミッションに掲げ、ローンやリース、保険などのクルマに関する金融サービスを提供してまいりました。おかげさまで本年20周年を迎えることができますのも、これもひとえに皆様のご理解とご支援の賜物であると深く感謝しております。

自動車産業は今、「電動化」「自動化」「コネクティッド」「シェアリング」などの技術革新が急速に進み、多くのベンチャー企業をはじめ、新しいライバルたちと、「勝つか負けるか」ではなく、「生きるか死ぬか」の闘いの中にあります。トヨタの金融事業を担う私共も、将来に渡ってお客様のご期待に添い、お客様に選んでいただける商品サービスは何か、常に自問自答し、カイゼンに取り組んでおります。

そこで当社はトヨタグループの「People First」「Software First」という考えに基づき、モビリティサービスを支える金融事業体として、車の“所有”から“利活用”へのシフトに応じてサブスクリプションやシェアリングサービスが1つのプラットフォームでご利用いただける「KINTO」、お客様の日常の支払い行為の利便性向上ならびにモビリティ社会の基盤づくりに貢献する決裁プラットフォーム「TOYOTA Wallet」を開発し、世界に向けた展開のスピードを高めております。さらにマルチモーダルアプリ「my route」の開発、「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」や「Woven Cityプロジェクト」への参画を通じクルマと生活双方に寄与する未来のモビリティサービスを創出していきます。

また今、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、暮らし・ビジネスのあらゆる局面で、もはや前例の通用しない「ニューノーマル」(新しいライフスタイル)の時代が到来しております。その中でも、私たちはトヨタのキャプティブ・ファイナンスプロバイダーとして、「Create value by enabling freedom of movement」のビジョンの下、今後もお客様の求める価値の提供を追求してまいります

皆様には、引き続き変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Page Top

個人情報の取り扱いについて